2004年10月04日

13.2 ブートフロッピーの概要

13.2 Overview  of the boot floppy disks

  • FreeDos
    プロンプトでkのイメージ名を入力します。

freedos

FreeDosはMS-DOSと両立できるFreeのOSです。これはPartitionMagicやDirveImageをMS-Dosライセンスなしで動かすことを許可します。

  • MemTest+
    プロンプトでこのイメージ名を入力します。

mentest

Memtest+ 1.0はMemtest-x86 3.0のアップデート版です。これはメモリテスターです。このプログラムは論理メモリにダメージがあるかないかを知ることができるでしょう。

  • GAG:Graphic-Boot-Manager
    プロンプトでこのイメージ名を入力します。

gag

GAGはLiloやGrub、Boot-Magicのようなブートマネージャーです。これはとてもいいツールで、簡単に使うことを目的としている。

  • Ranish Partition Manager
    プロンプトでこのイメージ名を入力する::

ranish

Ranish Partition ManagerはFdiskのような下層レベルのPartiton Managerです。しかし、Fdiskよりも強力です。

  • Aida
    プロンプトでこのイメージ名を入力します。:

aida

Aidaは発達したシステム診断プログラムです。それはCPUやチップセット、マザーボード、ネットワークカードのような、コンピュータのハードウェアの多くの部分を見けるでしょう。知らないドライバを取ってきたり、ダウンロードしたいときに、とても重宝するだろう。

  • Dban(Darik's Boot and Nuke)
    プロンプトでこのイメージ名を入力する。:

dban

Dbanはコンピュータの全てのデータを破壊することを許すブートディスクです。これを使うことはとても危険なので注意して欲しい。もし、誰が読むことができないように確実にしたいコンピュータのデータがある場合、dbanを使うことができる。例えば、もし、誰かにコンピュータをあげたくて、そのコンピュータに重要なデータがある場合、コンピュータを上げる前にdbanを使うことができる。全てのハードディスクから全てのデータを取り除いてくれるだろう。

  • Offline NT Password and Registry editor
    プロンプトでこのイメージ名を入力する。:

ntpass

このプログラムはWindowsの設定に欠かれた情報を換えることを許可してくれる。その中で最も興味深いものはユーザアカウントのパスワードを変更する能力です。今、Administrator(管理者)アカウントのパスワードを忘れて、Windowsが再インストールできなくなったとしよう。あなたはこのユーティリティでパスワードを編集するればいい。このプログラムはWindowsのレジストリ変更も許可してくれる。これはWindowsがインストールされたNTFSディスクでも働く。

 

System Rescue CDRom マニュアルの翻訳は以上だ。

Translated by 爆○大佐

【関連する記事】
posted by 爆竜○佐 at 21:33| 京都 ☁| Comment(41) | TrackBack(3) | 13.boot floppy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

13.1導入

Chapter13

System boot floppy dsiks


13.1 Introduction



もちろん、SystemRescueCdの最も重要なポイントはCDRomからLinuxシステムを走らせることであり、多くの管理者のtaskをすることを許してくれることである。SytemRescueCd
Ver.0l2l9から仮想ブータブルフロッピーディスクを働かせることを許すようになった。これら仮想フロッピーはコンピュータを起動するときにブートさせる論理フロッピディスクを持ってるのと同じような特徴を提供している。例えば、様々なユーザがDosプログラムのシステム必要としている。それらは、DOSフロッピディスクから起動する。そして、それらのツールが動かせることができる。SystemRescueCdはそれらの様々なフロップーディスクが一緒になっている。それらのフロッピーリストはプロンプトのはじめにF2キーを押すと現れる。このページは汚染等での多くのオプションとそこではフロッピディスクイメージを表している。次のセクションでは、それら互いの概要を説明する。

posted by 爆竜○佐 at 20:28| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 13.boot floppy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12.4 注意事項

12.4 Remarks

この間、DFはCaptive-Ntfsではサポートされていない。ディスクスペースを図るプログラムであるDFはNTFSパーティションでマウントされた情報が見れないことを意味する。もし、本当にこの情報が見たかったら、公式のLinuxNTFSドライバで読み込み権限のみでマウントしなおさなければならない。

Captive-Ntfsについてのより多くの情報は 
http://www.jankratochviil.net/project/captive/

 

posted by 爆竜○佐 at 19:44| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 12. NTFSに読み書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12.3 NTFSを振るサポートでマウントする

12.3 Mounting NTFS with full support

今、ドライバがコピーされ、NTFSパーティションにwindowsがインストールされていない場所でさえもマウントすることができる。

#mount.captive-ntfs /dev/hda1 /mnt/win

今、マウントしたパーティションにファイルをかくことができるに違いない。

#cd /mnt/win
#touch creating-an-empty-file
#cp -a /path/to/a/directory /mnt/win

もちろん、用事が終われば、パーティションをアンマウントしなければならない。

#cd / ; umount /mnt/win

posted by 爆竜○佐 at 19:32| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 12. NTFSに読み書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12.2 Windowsドライバを得る

12.2 Getting th Windows driers

NTFSのWindowsドライバを配布することはできない。なぜなら、それらのファイルはMicrosoftのライセンスの下で配布されているからである。なので、Windowsパーティションからあなた自身でそれらのファイルを取得しなければならない。それランファイルをLinuxシステムの中にコピーしなければならない。:

  • Step01 :Windowsシステムパーティションをマウントする

この例はWindowsシステムパーティションが /dev/hda1であることを想定したmount方法である。:

#mount /mnt/win
#mount -o ro -t ntfs /dev/hda1 /mnt/win

  • Step02 :ドライバファイルをコピー

WindowsはC:\Windowsにインストールされていることを想定している。時々C:\WINNTのようなほかのディレクトリを選ぶユーザもいるかもしれない。

#cp /mnt/win/WINDOWS/system32/drivers/ntfs.sys /var/lib/captive
#cp /mnt/win/WINDOWS/system32/ntoskrnl.exe /var/lib/captive

もし、ファイルかディレクトリが無いなら違うケースでチャレンジしてほしい(例えば、"System32"の代わりに"system32"とか)。あなあはWindows NT4やWindows200システムにこれらのファイルを見つけることができる。しかし、Captive Ntfsで動くのはWindowsXPファイルだけである。

  • Step03 :Windowsパーティションをアンマウントする。

#cd /
#umount /mnt/win

 

posted by 爆竜○佐 at 18:20| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 12. NTFSに読み書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12.1 導入

Chapter12
Mounting an NTFS partition with full Read-Wirte support

12.1 Introduction

NTFS(New Technology File System)はNTバージョンのWinows(Windows NT/2000/XP)で提供されるとてもパワフルなファイルシステムである。WindowsでさえもまだFATをサポートしているが、WindowsシステムディスクはよくNTFSでフォーマットされる。
最近のバージョンのLinuxはNTFSを問題なしに読むことができる。しかし、FATやLinuxパーティションのように読み書きできる状態でマウントすることはできない。
Captive(キャプティブ)-NtfsプロジェクトはNTFSパーティションを読み書きフルサポートでマウントすることを許してくれる。このプロジェクトはWindowsカーネルそれ自体からNTFSサポートを使う。それらのドライバはインストールされたWindowsXPシステムからコピーされなければならない。WindowsNT4やWindows200からはゲットすることはできない。しかし、一度XPからドライバを得るとどんあNTFSバージョンもマウントすることができる。このChatpterはSystemResuceCdからCaptive-Ntfsサポートを使う方法の説明である。

posted by 爆竜○佐 at 18:05| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 12. NTFSに読み書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11.4 USBメモリからブートする

11.4 Booting from the USB stick

最初に、「USB hard disk」が1stブートディバイスとしてBISOで定義されているかチェックして欲しい。もし、それが動けば、プロンプトでSystemRescueCDのブート画面見ることができるでしょう。コマンドラインで新しいオプション「 usbstick」を加える必要がある。例えば、800x600の画面のFrameBufferを使いたい場合はこうタイプすべきである。:

#fb800 usbstick

ブートオプションついてのより多くのヘルプを得るために、F2,F3,F4を押すといいだろう。それから、Enterを押す。(主語がないため訳せない)If must work as a regular SystemRescueCd form a CDRom.

posted by 爆竜○佐 at 17:47| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 11.SysRescUSB-stick | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11.3 Windowsからインストール

11.3 Installation form Windows

  • Step01 :ドライブレターを見つけます。

Windowsを動かす間にUSBメモリを挿さないといけない。エクスプローラで新しいドライブレターが現れます。USBメモリのファイルにアクセスすることができる。このマニュアルでは、USBメモリのドライブレターをEとして想定する。もし、必要であれば、kのドライブレターをコマンドで変える事を忘れないで欲しい。

  • Step02 :CDRomからファイルをコピーします。

今、CDRomから最も重要なファイルをコピーしなければならない。もし、CDRomを焼きたくなかったら、WinImageのようなユーティリティを使ってISOファイルから読み出すことができる。
最初に、ディバイスをフォーマットます。約80MB必要になるだろう。様々なファイルをコピーします。

  1. ディバイスのルートにsysrcd.datをコピー
  2. ディバイスのルートディレクトリにisolinuxをコピー
  3. isolinuxディレクトリの中のファイルをディバイスのルートディレクトリにコピー
  • Step03 :ブータブルディスクを作る

今、syslinuxであなたのUSBメモリをブータブルにしなければならない。あなたはプロンプトコンソール(cmd.exe)からこのプログラムを走らせるなければならないだろう。もし必要であれば、ドライブレターをコマンドで変えることを忘れないで欲しい。

#syslinux E:

あなたは、syslinuxプログラムをCDRomからみつけることがd家居る。WindowsバージョンはZIP圧縮ファイルとして供給されている。

posted by 爆竜○佐 at 17:36| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 11.SysRescUSB-stick | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11.2 Linuxからインストール

11.2 Installation form Linux

もし、インストールされたLinuxがなければ、CDRomで焼いたSystemRescueCDを使うことができる。そして、そのシステム自体からインストールを実行する。

  • Step01 :ディバイス名を見つける

USBメモリのディバイス名が必要です。殆どのケースでLinuxはそのディバイスをSCSIハードディスクとして発見する。いわば、/dev/sda1かもし他のSCSIディバイスがあれば/dev/sdb1として見つかる。
ここにはディバイス名の見つけ方がある。最初に、USBメモリを挿さずにLinuxの下コンピュータを立ち上げます。それから、全てのUSBモジュールをロードします。(他のUSBモジュールを最初にロードする必要があるかもしれない。)

#modprobe sub-storage

今、USBメモリを挿しこまないといけない。そして、カーネルメッセージを見て欲しい。ディバイス名を見つけられるだろう。

#dmesg | tail -n 50

ここにはカーネルからのレポートの例がある。

Initializeing(初期化する) USB Mass Sorage driver...
usb.c : registered new dirver usb-storage
USB Mass Storage support registered(登録された).
hub.c : new USB device 00:02.0-2, assigned(割り当てる) address 3
scsi1 : SCSI emulation for USB Mass Storage devices
   Vendor : EXATEL Mode1 : i-BEAD100      Rev:0001
   Type : Direct-Access
WARNING : USB Mass Storage data integrity(整合性) not assured(保証する)
USB Mass Storage device found at 3

それから、ディバイスをマウント使用としなければならない。:

#mkdir /mnt/usbstick
#mount -t vfat /dev/sda1 /mnt/usbstick

そのディバイスに十分な空きがなければ、最近のファイルを消さないといけないだろう。(全てのデータは消失する):

#rm -rf /mnt/usbstick/*

  • Step02 :CDRomからファイルをコピーします。

今、もっとも重要なファイルをコピーしなければならない。SystemRescueCd ディスクは /mn/cdromにマウントされなければならない。CDRに焼くのを避けるためにそれのISOファイルをマウントしてもいい。USBメモリは/mnt/usbstickにマウントされる。

#cp /mnt/cdrom/sysrcd.dat /mnt/usbstick/
#cp -a /mnt/cdrom/isolinux /mnt/usbstick/
#pc /mnt/cdrom/isolinux/* /mnt/usbstick/

  • Step03 :ブータブルディスクを作る

今、USBメモリをアンマウントしなければならない、そして、syslinuxでUSBメモリをBootalbeにする。勿論、 /dev/sda1 はあなたUSBメモリのディバイス名に置き換えないといけない。:

#umount /mnt/usbstick
#syslinux /dev/sda1

posted by 爆竜○佐 at 15:59| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 11.SysRescUSB-stick | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11.1 導入

Chatper11

How to install SystemRescueCD on an USB-stick


11.1 Intoroduction



このChapterでは、USBメモリにSystemRescueCDをインストールする方法を説明する。それは、CDRomの代わりにUSBメモリからこのシステムを使うことを許可してくれる。最初にSystemRescueCd
0.2.8以上と十分に空きのあるUSBメモリが必要である。もし、公式バージョンを使うのなら、128MBかそれ以上必要です。勿論、コンピュータが殆どのUSBの口を持っていてUSBをサポートしている必要がある。BIOSはUSBメモリをブート可能にしておかなければならない。そして、ブートディバイスのオーダーにあるほかのディバイスよりも前に定義しておかなければならない。

posted by 爆竜○佐 at 15:39| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 11.SysRescUSB-stick | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。